競馬レースの流れ

競馬のレースはどのように行われるの?

競馬を始めようと思っている方は、まだ実際に競馬場へ行きレースを見たことがないのではないでしょうか?
ここでは、実際の競馬場で行われるレースの流れについてご紹介します。

レース開始から終了までの順序

1.パドック
競馬場でのレースの始まりは、「パドック」から始まります。
パドックとは、レース前に出走する競走馬を下見することが出来る場所のことで、競走馬が厩務員にひかれて、数周回ゆっくりと歩いていきます。
このパドックは、競走馬を落ち着かせるために行われているものでもあります。
レースに向かう最後の一周だけは騎手が騎乗して、ゆっくりと周回し、本馬場(コース)に向かいます。

2.本馬場入場と返し馬
パドックを終えた競走馬は、本馬場へ入場します。
本馬場とは、実際にレースが行われるコースのことです。
本馬場では、それぞれが思い思いに走り、レースに向けての準備運動を行います。
この準備運動のことを「返し馬」と言います。
ここでは、競走馬が体をほぐしたり、足を慣らしたりとレースに向けての最終調整を整えて行きます。

3.輪乗り
返し馬を終えた競走馬は、すぐにスタートへ向かうわけではありません。
一度スタート近くのゲート前に集まり、興奮している馬の気持ちを落ち着かせます。
このとき、競走馬に輪を描くように歩かせることから「輪乗り」と呼ばれています。
いわば、この輪乗りはもうすぐ始まるレースに向けての精神統一のようなものです。

4.ゲートイン
輪乗りを終えた競走馬は、レース直前にゲートにスタンバイします。
このとき、競馬ならではのファンファーレが合図となります。
競走馬は、奇数、偶数にわかれ、原則として馬番が奇数の馬が先にゲートに入り、その後に偶数の馬が入ります。
ただし、大外枠(一番外側の枠)の馬は、奇数、偶数に関係なく最後にゲートに入ります。
全ての競走馬がゲートに揃うといよいよレースの幕開けです。

5.レーススタート
全て競走馬がゲートインを終えると、間髪いれずにゲートが開き、レースがスタートします。
競走馬を応援する歓声が響き、最初の盛り上がりを見せる瞬間です。
きっと、初めてこの場面を体験すると驚くでしょう。そして、興奮すること間違いなしです。

6.ゴール
競走馬が走るコースは右回り、左回りとありますが、最終コーナーを回ると、レースの一番の見所であるゴール前の直線コースへと進んでいきます。
ゴール前の直線コースでは、1着を争うドラマが繰り広げられます。
ゴール地点には鏡の張られた細長いゴール板がコースの内側に立てられていて、そこに馬の鼻が到達した時点でゴールとなります。