競走馬の選び方

競走馬を選ぶ時のポイント

初めて競馬を始める方にとって、競走馬選びは悩んでしまいますよね。
競走馬を選ぶとき、馬のどんなところをチェックして決めたらいいでしょうか?
ここでは、競走馬を選ぶ時のポイントとしてパドックの見方についてご紹介します。

パドックとは

パドック

まず「パドック」とは何かをお話しておきたいと思います。
このパドックとは、競馬場で一般の観客がレース直前の競走馬の状態をチェック出来る場所、いわゆる競走馬の下見所です。
競走馬は厩務員にひかれてゆっくりと歩くように周るので、その歩く様子や馬の状態などをじっくりと確認してレースの予想を立てることができます。なおレースに向かう前の最後の一周は騎手が騎乗します。
競走馬を落ち着かせることもパドック周回の重要な目的となっています。
パドックでは大声を上げたりカメラのフラッシュを浴びせるなど、馬が驚くようなことはしてはなりません。

パドックでのチェックポイント

パドックを歩く馬の様子

パドックでチェックするべきポイントは、やはり何と言っても競走馬の状態や様子です。
初めて競馬をするのですから、馬の状態や様子って言われても、どう見ていいのか困ってしまいますよね。
そのため、初心者の方はまず競走馬の雰囲気を見てみましょう。
やはり優秀な競走馬は強そうなオーラーが出ています。その馬の立ち振舞いなどからも見て取れると思います。

そして馬の状態としては筋肉がしっかりとついて、きれいに腰が盛り上がっているような美しい姿が競走馬の理想の姿です。
歩き方としては、しっかりと前を見据え悠然と歩いているか、歩く様子が綺麗かどうか、リズム良く一定の速度で歩いているかどうかなどを見ることも大切です。
調子の悪い競走馬は、落ち着きがなくキョロキョロしていたり、歩くリズムも一定ではない場合が多いようです。
しっかりとゆっくり歩いている競走馬が理想的です。

パドックで得た情報の注意点

競馬には確実な情報というものはどこにもありません。
パドックで得た情報も、実際のレースでどれだけ生かされるかは誰にも分かりません。
凛々しく落ち着いて見えた競走馬も、実際のレースでは実力を出せないこともあります。
また、パドックではあまり良く見えなかった馬が、本番のレースでは凄い走りをみせる場合もあります。
競走馬のタイプはそれぞれですので、パドックで得た情報はあくまでもひとつの目安として参考にしていきましょう。
競馬では、どんな情報でも「確かなものである」とは言い切れないことを知っておきましょう。